FAQ インプラントQ&A

インプラントができる適正年齢は?

インプラントは歯を失った時の治療の選択肢の1つで第2の永久歯とも言われ、しっかりとかむことができて見た目も自然な治療法です。
インプラントはあごの骨が十分にあることが大切ですが、インプラントに年齢は関係あるのでしょうか?
そこで今回は目安にはなりますが、インプラントができる適正年齢についてお話させていただきます。

〇あごの骨の成長が終わってから

子どもはあごの骨が成長して変化するので、インプラント治療はできません。
あごの骨が成長途中にインプラント治療をした場合には、インプラントが動いてしまうリスクがあり、歯並びのバランスが崩れてしまう可能性があります。
そのため、あごの骨が成長途中の子供はインプラントを行うことができず、あごの成長が終わった20才程度からインプラント治療を開始できます。

〇インプラントに年齢の上限はありません

インプラントはあごの骨が十分にあることが大切で、その条件をクリアしていれば治療をすることができます。

歯は年齢が上がってくると共に、歯周病のリスクなどが高くなり歯を失う可能性が高くなりますが、インプラント治療には年齢の上限はありません。
ただ、年齢が上がってくると、歯周病のリスクや入れ歯を長期間使用していてあごの骨に刺激が伝わらず、あごの骨が痩せてしまってインプラントが難しいケースもあります。

そのほかには、インプラントは持病が悪くなっていると、まずは持病のケアを行って
から安定して治療する必要があり、高齢の方は持病があることも多いのでその点も確認が必要です。
心臓病や脳血管疾患、糖尿病などは症状が安定していることが必要なので、主治医と連携して治療計画を考えていきます。


〇高齢の方のインプラント治療

インプラントは外科的な治療も行うので、インプラント手術ができて手術後も定期的な通院ができる必要があります。
高齢の方である程度体力があることが必要ですが、今まで入れ歯を使っていてインプラントにするとしっかりかむことができてあごの骨に刺激が伝わります。
そうすると、脳に刺激を与えるので認知症のリスクが低くなるといわれています。

あごの骨も刺激が伝わるので、あごの骨が痩せてしまうリスクを減らすことができます。

インプラントは20才を過ぎてあごの骨の成長が終わっていれば、年齢に上限はありません。
そのため、適正年齢は20才以上であればインプラントの対象になるでしょう。
インプラントが適応になるかはあごの骨の状態や持病のなどの健康状態が関係してきます。
インプラント治療に興味のある方はお気軽にご相談くださいね。

CONTACT

03-6658-8814

診療時間 9:00-18:30 ※最終受付18:00
※お昼も診療しています。

お問い合わせ オフィシャルサイト 03-6658-8814 タップでお電話